家族・親族のみの結婚式  

サイトナビゲーション
トップページ
結婚する前に
■生活を見直してみよう
■とにかく貯金をしよう
■親に報告をしよう
■スケジュールを決めよう
■空き家があるなら修理しよう
結婚式の準備
■専門雑誌は参考程度
■結納(食事会)下調べ
■結婚式場の下調べ
■買い物にいく
■実家訪問をしました
■食事会をしました
■引っ越しの準備をする
■写真の前撮りをする
■婚姻届を提出した
■式場を決定した
■新婚旅行を決めた
■パーティー会場を決定した
■結婚式をしました
■新婚旅行へ出発
■パーティーをしました
■結婚式・その後
 
下見をしたところ
▼ 横浜周辺
■本牧神社
■三渓園
■霧笛楼
■新横浜プリンスホテル
■HANZOYA
▼ 箱根周辺
■箱根神社
■箱根プリンスホテル
■冨士屋ホテル
■山のホテル
■佳松
■オーベルジュオーミラド
■豊月
■ふくや
婚約指輪について
■予算を決めよう
■ダイヤモンドの価値
■ダイヤモンドの4C
■どこへ見に行ったか
■ブランドについて
■色石という選択
■参考になった本
結婚後の生活
■初期費用がすごい
■ヘルシオかビストロか
■ヘルシオを使ってみた
■これは便利だ!
■他人との生活がはじまる
■生活費について
■資産形成を考えよう
 
結婚関連サイト(外部リンク)
結婚式の準備ブログ
夫から見た妊娠から出産までのブログ

ダイヤモンドのブランド

ブランド品はどうしても高くなってしまうけれど、デザインが優れているものが多いのが事実です。一方で同価格帯でノンブランドの商品と比べると石そのものは、ワンランク低くなることも。結局デザインを取るか、石を取るかの選択を迫られます。私の場合は、石をとりました。デザインは流行があるためです。でも、ブランドも捨てがたいですね。こればかりはその時々の出会いに期待するしかなさそうです。
日本のブランド
ミキモト
真珠の養殖イメージが強いミキモトだが、ダイヤモンドも取り扱っている。ダイヤモンドの品質も良く、国内ブランドであれば、ミキモトがトップブランドといってもいいでしょう。ダイヤモンドをみるついでに、冠婚葬祭で必要になる真珠のネックレスなども見てくると色々と勉強になるはず。
和光
時計メーカーのセイコーと関係が強いジュエリーショップ。銀座の目抜き通りに店舗を構えている。大きな時計台があり、三越前とともに待ち合わせ場所として有名な場所。殿様商売で有名であったので、なかなか入りにくいイメージですが、一度は足を運んでみるのもいいでしょう。
アメリカのブランド
ティファニー
アメリカのニューヨークが拠点。扱う商品は手軽に買えるものから、超高級品まで幅広い。タンザナイトを世の中に流通させたメーカーとしても有名。全国各地に店舗があり、海外ブランドでは最も足を運びやすいのではないでしょうか。
ハリー・ウインストン
斬新なデザインと、豊富な色石のセレクションがある。来店は予約をおすすめされていて、他のブランドよりも敷居が高い印象。かなりの予算を覚悟して足を運ぶ必要があるかも。0.5カラットで80万円~である。リングに扱われているダイヤモンドはD、E、FのカラーとVS2以上の品質だそうです。
ヨーロッパのブランド
Chaumet

1780年に始まり、その軌跡はフランスとしての歴史と重なります。500年も前から、パリは卓越した宝飾職人のいる場所として有名でした。18世紀末にショーメを創業したマリ=エティエンヌ・ニトもその一人でした。ナポレオンは、ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ、そしてマリー=アントワネットの姪にあたるハプスブルク=ロレーヌ家のマリー=ルイーズとの婚礼のために、ショーメに豪華な宝飾品を注文します。ニトはヨーロッパで最も人気の高いジュエラーとなり、王侯貴族階級を顧客としていきます。

ロイヤルアッシャーダイヤモンド
1854年、オランダ・アムステルダムで始まります。創設者アイザック・ジョセフ・アッシャーは、卓越した技術者としてダイヤモンド業界に広くその名を知られる存在でした。その実績と信頼により、1907年に史上最大のダイヤモンド原石「カリナン」のカットを英国国王エドワードVII世より委ねられるという栄誉を得ます。1980年には、永年にわたる功績と信頼に対し、オランダのユリアナ女王陛下より“ロイヤル”の称号を授けられました。
カルティエ
1847年フランス・パリでの創業以来、王族御用達として名を馳せてきたカルティエは、ジュエリー、時計、レザーグッズなど数々のクリエイションを世に送り出し、今もなお世界中の人々を魅了し続けています。
デビアス

2001年、世界首位のダイヤモンド採掘、マーケティング会社De Beers SAと、世界をリードするラグジュアリー ブランド グループ、LVMHグループによって設立されました。それまでは世紀を超えて、デビアスのダイヤモンドは、デビアスの名を伏せたまま、世界中の名高い宝石職人によってジュエリーにセットされてきました。現在、これら最上級のラフ ダイヤモンド、ボリッシュ ダイヤモンドのいずれもがデビアスの手にあります。世界中の最も希少で美しいダイヤモンドは、今はデビアスのジュエリーにセットされるのです。

どこかクラシックな匂いをもたせた、ダイナミックかつモダンなデザインと、革新的な技巧技術で、すでにデビアスはダイヤモンド ジュエリー界をリードする存在になりつつあります。

bvlgari. ブルガリ
1884年の創業以来、ブルガリは、ジュエリー、ウォッチ、アクセサリー、フレグランス、スキンケア、レザーグッズにおいてイタリアンスタイルの指標となってきました。オンラインでのショッピングをお楽しみください。
次の記事: 色石という選択



(C) Wedding-memo.com All Rights Reserved.